お知らせ

2017/01/26 セミナー

[3月16日開催]新潟テルサにてセミナーを開催いたします。

中堅・中小企業こそ狙われる!
経営層のためのサイバーセキュリティ対策セミナー

対象 経営者、ホームページ管理者、営業担当者、その他ウェブ関連ご担当者様
開催日時 平成29年3月16日(木)14:00~16:30(受付/13:30~13:50)
定員 50名
参加費 無料
お申し込み <インターネットでのお申し込み>
こちらのフォームからお申し込みください。

<FAXでのお申し込み>
申込用紙(PDFファイル/42KB)」へご記入後、FAXにてお申し込みください。
送付先/FAX:025-246-0219

申し込み締切日/3月14日(火)
会場 新潟テルサ 2階 特別会議室
〒950-1141 新潟市中央区鐘木(しゅもく)185-18 TEL:025-281-1888 FAX:025-281-1891
http://www.n-terrsa.jp/
主催 株式会社グローバルネットコア
担当営業:本間、本多

セミナー内容

受付

13:30~13:50

▼第一部

14:00~15:00
標的型攻撃(マルウエア・ランサムウエア)による実被害から守るために有効な対策とは

<内容>
近年、外部からの攻撃対策は従来の方法では有効ではなくなってきました。
これまでは愉快犯に近い、比較的"なんとかなる"攻撃内容でしたが、最近では、金銭を要求されたり、業務を停止・破壊されたり、信頼を失墜させられてしまうといった"非常に凶悪な"攻撃が増加しています。
今後主流化すると思われる、有名企業・団体に限定されない『無差別攻撃』に対して、実被害から守るためにはどうすればいいかご紹介します。

<講演者>
スワットブレインズ株式会社
取締役兼ソリューション営業部 部長
セキュリティコンサルタント 正木 義和氏

<標的型攻撃メールのデモンストレーション>
ネットエージェント株式会社
営業部営業グループ 野平 径太郎氏

▼第二部

15:00~15:40
セキュリティ対策としてのメールアーカイブ

<内容>
メールによる情報漏洩が起きた場合、企業は、その内容を調査し、対策を講じると共に、再発防止策を含めて社会に説明する責任があります。そのため、「送受信された全メールの長期保存」「全メールの速やかな検索・参照」が必要です。これを実現するのが「メールアーカイブ」です。本セッションでは、メールアーカイブの重要性と製品選択のポイントについてお話いたします。

<講演者>
株式会社SRA
産業第1事業部 営業部 溝口 英利氏

▼第三部

15:50~16:30
ウェブサイトのセキュリティ事案と対策

<内容>
サイバー攻撃は、ネットワークやメールの脆弱性を悪用するだけではなく、不正なウェブサイトに仕掛けられた罠からもウィルスは侵入してきます。
その被害者にならないためにはどうすればいいかを考えることも大切ですが、自社のウェブサイトが加害者にならないとは限りません。
本セッションでは、ウェブサイトを維持・管理・運営する上で考慮すべきセキュリティ対策と、健全な運営・運用方法についてもお話いたします。

<講演者>
株式会社グローバルネットコア
ソリューション統括本部Webコンサルタント担当 金井 貴史

このページの先頭へ戻る